パピヨンの犬図鑑

パピヨンの歴史

パピヨンの祖先は、スペイン原産のトイ・スパニエルとされています。イタリアのボローニャ地方で繁殖され、16世紀にはフランス国内に入って、王侯貴族たちに寵愛を受けていました。
王侯貴族を描いた中世の絵画には、時々パピヨンもモデルとして登場しています。王妃マリー・アントワネットの愛した犬として知られており、彼女が処刑台に上がる直前まで、パピヨンが一緒にいたとも伝えられています。

「パピヨン」の名称になったのはずっと後のことで、初期のパピヨンは耳よりも華やかな尻尾に注目されていたので、スカーレル(リス)・ドッグ、スカーレル・スパニエルなどと呼ばれていたそうです。当時は垂れ耳タイプ(現在のファーレン)が多く生まれていましたが、立ち耳のパピヨンも時々生まれていたようで、古くから王侯貴族を描いた絵画の中に登場していました。

現在のような耳が立ったタイプのパピヨンは、18世紀末頃から選択的に交配されて増えていき、19世紀頃になるとイタリア、フランスに続いてベルギーでも繁殖されるようになりました。立ち耳であるスピッツと交配して蝶のような大きな立ち耳を持つようになり、チワワと交配してサイズは小さくなり、現在のパピヨンに近い洗練された姿となって、人気が高まっていきました。そのため、現在のスタイルのパピヨンは、ベルギーを原産とするという見解もされています。
また、この頃からようやく、パピヨンという名前で呼ばれるようになりました。垂れ耳のパピヨンをファーレン(フランス語で蛾という意味)と呼びますが、同じ犬種として認められています。

パピヨンの特徴

パピヨンは、犬種標準では体高は28cm以下、体長は体高よりも少し長く、調和がとれていなくてはいけません。
体高28cm以下の健康な個体では、体重は4~5kg程度が望ましいようです。
絹のような長毛で手足が細く、耳と尾には特に長い飾り毛があり、優美で気品のある姿をしています。
大きな立ち耳が特徴ですが、多くの国で垂れ耳も標準として認められています。

パピヨンの性格

パピヨンは明るく活発で遊び好きな性格ながら、人が好きで穏やかな面もある、愛玩犬らしい気質です。
状況や家族の雰囲気を察したり、賢く振る舞ったりしますが、行き過ぎてしまうと神経質になる子もいるようです。

パピヨンの飼い方

折れてしまいそうに細い手足のパピヨンですが、健康な個体は大変活発で、飼い主と一緒にドッグスポーツを楽しむこともできます。
また、大変賢く、訓練競技会に出場する犬もいます。
愛玩犬ですので、人に甘えるのも大好きです。
しかし、賢く甘えん坊なだけに、周囲の状況に敏感に反応しすぎてしまい、神経質になってしまうことがあります。特に若いうちは甘やかしすぎず、きちんとしつけをしましょう。ドッグスポーツや訓練などを飼い主が一緒に取り組んで、いろいろな経験をさせ、自信を持たせることで落ち着いた犬になります。

パピヨンは長いコートに覆われた毛質ですので、週に2~3回くらいはブラッシングをしてあげましょう。
なお、パピヨンは、長毛のみのシングルコートと、密生した下毛のあるダブルコートの2種類のタイプがあります。
初期のパピヨンはシングルコートだったようですが、交配の過程でスピッツの血が入ることにより、アンダーコートを持つようになったと言われています。犬種標準ではシングルコートと規定されている国もありますが、北欧など寒冷地では、ふかふかした下毛のあるほうが生活に都合が良いため、ダブルコートのパピヨンは必ずしも規格外ではありません。

小型犬のほとんどは、あごが小さく歯も小さいため、少しの虫歯でもすぐに歯が悪くなります。歯石がつくと口臭の原因になりますので、歯磨きも積極的にしてあげたいものです。

パピヨンの毛色

パピヨンは白地に黒、茶、レモン(明るい茶色)、セーブル(黒い差し毛のある茶色)など、白地があればどのような色でも認められます。
ボディや脚はホワイトの割合が多い個体や、顔に幅広のブレーズ(鼻筋のように白くなっている)があるのが好まれます。
繁殖やドッグショーでは、白でもどのような色でも、単色は認められません。

パピヨンの気を付けたい病気

パピヨンは先祖犬が大きな犬でなかった上に、400年以上をかけてゆっくりと小型化してきたため、小型犬としては遺伝病が少ない犬種と言われています。
気を付けたい病気としては、パピヨン独特というよりも、小型犬全般がかかりやすい病気があげられるでしょう。
膝蓋骨脱臼、緑内障や結膜炎などの目の病気、逆さまつ毛、水頭症などは、小型犬ではよく見られる病気です。

活発なパピヨンですから、病気以上にケガにも気を付ける必要があります。
いくら身軽だからといって、運動に慣れていないのにハイジャンプに挑戦させたり、高い所から飛び降りたりすると骨折の危険があります。
健康なパピヨンは15才以上にもなることがありますので、若い頃から運動をさせて、いつまでも元気でいられるように、しっかりした体を作ってあげましょう。

< パピヨンのお役立ち情報一覧へ戻る

ご利用案内

口コミ・評価

サイトの便利な使い方

LINE ID連携で理想の子犬を迎えよう♪ ID連携してご成約いただくと1,000ポイントプレゼント 健康保証サービスのご案内 ご成約特典 取引保証サービスのご案内
1,276人が「いいね!」と言っています。
柿木 愛子
Hayato Mukai
門松 結実
Yuri Takenami
Jane Ishii
Toshihiro Nagatsuka
石岡牧子
樋口由香
パピヨンの子犬お探しコーナー ドッグショー特集 ブリーダーからお迎えした子犬投稿 チャンピオン犬 輩出・在籍のパピヨンのおすすめブリーダー特集 ブリーダーアワード 2017年 上半期

毛色からパピヨンの子犬を探す

性別からパピヨンの子犬を探す

優良ブリーダー募集
GeoTrust SSL認証
当サイトではSSL暗号化通信を利用することにより、入力内容の盗聴や改ざんなどを防いでいます。
みんなのペット健康専門店
みんなのペットコミュニティ ミテミテ
みんなのペットライフ
みんなのペット保険
みんなの犬図鑑

パピヨンの名前ランキング

  • 男の子
    1位たま
    2位ひなた
    3位カペラ
  • 女の子
    1位こはる
    2位しおん
    3位すず
>> 名前ランキングをもっと見る